神待ちサイトで使われる隠語を知っていますか?

あなたは神待ちサイトで使われる隠語をどれぐらい知っていますか?

隠語とは神待ちサイト限定の言葉ではなく、むしろ以前は援助交際の相手を探すサイトで使われていた言葉です。

しかしながら出会い系サイトの法規制によって出会い系サイトで援助交際の相手を探す事を厳しく禁じているので相手を探す事が出来なくなりました。

そして神待ちサイトは援助交際と異なりセックスに対して金銭的なやり取りをしない事に表向きはなっていますが、援助交際をしたくて出会い系サイトが利用出来なくなったため代わりに神待ちサイトを利用している人も少なからず存在します。

しかし神待ちサイトの掲示板であっても堂々と援助交際の募集をしてしまうとサイトから退場させられてしまいますすから、一見援助交際の募集をしているのか分からないように知らない人には分からない隠語を使ってやり取りするというわけです。

もしあなたが援助交際をしたいと思っているのであれば隠語で書かれているカキコミを、そして援助交際ではなく家出少女と出会いたいと思っている人は隠語を使われていないカキコミを選ぶといいでしょう。

どちらにしろ隠語の意味は知っていた方が話が早いので神待ちサイトでよく使われる隠語については調べておくといいでしょう。JCとかJKとか、ホ別、イチゴ、諭吉さん・・・・などなどあなたはいくつ分かりましたか?

少女達が神様を探す理由とは?

神待ち少女の大半は、いわゆる高校生ぐらいの年代の女の子ばかりです。

そのような女の子が、何日間も家出を続けられるだけのお金を持っているとは、まず考えられません。

アルバイトで稼ぐことも難しいですし、友達に頼るにしてもせいぜい1日や2日が限界でしょう。

そうなれば、あとは神様に頼るしか方法がないのです。

お金がなくても、美味しいご飯を食べることができて、暖かい布団で眠るためには、神様の家に泊めてもらう選択肢しかないわけです。

逆に言えば、たとえ1円も持っていなかったとしても、神様に助けてもらうことができれば、いつまでも神待ちを続けることができるのです。

むろん、神様は完全な善意で助けてくれるわけではありません。

女の子とイチャイチャしたり、一緒にベッドで寝ち、そしてエッチなことをしたい、そう思っているからこそ助けてあげるのです。

ですから、女の子も助けてもらった以上は、できる範囲で神様のお願いは聞いてあげないといけないのです。